8.29 こむろさんへ

 

 
 
番組制作と服作り。
またまた変な人がやってきた。

 

こむろさん、はじめまして。

 

なんでいろいろなことに
手を出してるんですか?
まず一つのことをちゃんとやりなさいよ。

 

二足のわらじーズ軍団は、
きっと周りからそう思われている。

 

その活動になんらかのビジネス的な、
儲けてやろう精神みたいなのも
あまりみえないあたりが、
周りの人からの疑問を生み、
ときにイラつかせる原因かもしれない。

 

と最近思うようになってきた。

 

ただ、こういう生き方には理由があるのだ。

それをこむろさんがバシッ表してくれた。

「片方では出会えない人たちとの交流」
「自分が持ってる別の感性」

私であれば、
塾講師にカフェ、ウェブマガジンの運営。
最近は家具づくり、内装まではじめ、
いろいろな人をとってもイラつかせている。

 

もちろんすべて、
お客さんがいてのことだから手は抜かない。
でも、雑務に油断が集中し
内部で怒られる感じ。

 

なんでこんな面倒くさい
生き方なのかというと、
ひとつは「表現したがり」
もういっこは「こわいから」。

 

そとの世界をみないで、
塾講師というものを続けていくのが
とってもこわいのです。

 

ガチガチに固まった価値観で
子どもに接するのは絶対に避けたかったし、
いい年になって、子どもとしか会話できない
(会話ではないな、一方的な押しつけ)
大人になるのもこわかった、
ということです。

(そういう人がいっぱいいるのが塾業界)

 

その辺の話は長くなりそうなので、
またどっかで。

 

 
 
2017年09月01日 | Posted in 余談Lab, 2足のわらじーズ | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です