blue bottle coffee【東京都港区】

噂のコーヒーショップ
「blue bottle coffee 青山」に
行ってまいりました。

今年、日本に上陸した
第三の波(サードウェーブ)、
blue bottle coffee は
連日の大行列で
しばしばニュースになっていました。

 

いったい何がそんなに
すごいのだろう・・・
と気になり、
これまで何度か
チャレンジしましたが、
その度に大混雑で断念。

この日も午前中に行ったら入れず、
夜に再チャレンジで
ようやく入店です。

そもそもサードウェーブとは
豆の産地・背景にこだわり
(社会の教科書でいうところの
「トレーサビリティー」というやつです)、
その個性を楽しむというスタイル。

ハンドドリップで
一杯一杯いれるのも特徴です。

 

ファーストウェーブは19C後半に
コーヒー豆の大量生産が可能となり、
一般家庭に浸透したもの。
このときは
アメリカンコーヒーで飲むのが
主流だったそう。

 

セカンドウェーブは
60〜90年代に流行となった、
深煎りにミルクを入れて
楽しむというスタンス。

シアトル系と言われる、
スターバックスや
タリーズが有名です。

 

そして、
今回のサードウェーブ。
なんじゃらほい?
と好奇心のおもむくままチャレンジ。

 

こんな大行列のお客さん相手に、
一杯ずつ淹れるって・・・
と思って注文すると
名前を聞かれ、
「お呼びします」とのこと。

コーヒーサーバーを
ずらりと並べて、
かっこいいいお兄さんが
器用に淹れていきますが、
やっぱり膨大な注文量。

けっこう時間がかかりますが、
その間、時折歓声をあげながら
みなお兄さんの所作に大注目。

待つ時間も含めて
コーヒータイムを
楽しみましょう、
ということなのでしょう。

予想外の賑やかさに、
若干うろたえてしまいまいたが・・・。

 

ここで思い出すのが
日本の古き良き喫茶店。
一杯一杯、
丁寧に淹れるサードウェーブは
日本の喫茶店を参考にしたようです。

 

サードウェーブの到来とともに
「シアトル系は古い」
なんて言われてますが、
私は落ち着くので好きです。

 

結局、
いまいちサードウェーブに
乗り切れなかった私は
スタバに入りこれを書いていますが、
となりに座ったおじさま2人組が
「注文をとりにこないのか!」と憤慨しております。

 

俺の地元には
スタバがあるんだぜ!
というのが一種のステータスだったものですが、
時代の流れに合わせるのも大変ですね。 

writer profile

clue永井雄太郎

clue代表 永井 雄太郎

1980年生まれ。
仙台一高~早稲田大学政治経済学部

遊び呆けた高校卒業時の偏差値は30。「君がいける大学はない」と担任から通告されるも、偏差値を70まであげて合格。勉強は頭の良し悪しや量じゃなく、やり方のモンダイなのですよ。と、自分の経験とやり方を伝えるべくclue zemiを設立。また、勉強と生活との接点を表現するため、パン屋併設カフェ『するめcafe』や、webマガジン『余談Lab』などを運営中。

お問合せはこちら

 

 


2015年12月28日 | Posted in 余談Lab, ザ・余談 | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です