9.27 たけうちさんへ

 

9.27たけうちさんによる
雑記帳「ひらめきのタネ」への書き込み
亀の役割 私の役割」について。

 

受ける側としてはあまり喜ばしくない
「勉強」というものを教えるとき、
心がけているのは眉毛の動きと声のトーン、
そして言いかた。

 

生徒が間違った答えを持ってきたとき、
びっくりした顔で
キョロリと彼を見つめれば、

「あれ !  やべ ! 」

と察してくれるし、

「えー ! なにそれ- ! 」

と甲高い声を出せば

「あぁ !  ごめん !  直す〜 ! 」

と、慌てて消しゴムでケシケシ。

 

これが例えば抑揚なく、

「ここが違いますネ」

なんてノッペリと言おうもんなら、
彼らにとって勉強なんか他人ごと。

「あー、やってらんねぇ」
「うるせークソジジイだな」

と、心の中で舌打ちされてしまいます。

 

勉強を教えるコツは、
相手の感情を揺さぶって
「当事者」であると思わせることにあり。

 

な〜んて、偉そうですが…。

 

「役とは役割」

講師役の私の役割はマルをつけることでも、
教えることでもなく、煽ること。
と思っています。

 

煽るために全身を使って表現する。
あらあら !  これって演劇と一緒では !?
と、この文章を書きながら熱くなるワタシ。

 

ほめるときもコツがあるんですが、
それはまた機会があったときに。

 

たけうちさん。
とっても深いコラム
ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします !

 

 

 

2017年09月29日 | Posted in お返事, ひらめきのタネ | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です