7.27 高橋さんへ

 

7.27高橋さんのコラム

 

外国語を学ぶにあたり
もちろん文法も大事なのだけど、
実際に人としゃべるのであれば、
くだけた表現を覚えるほうが
優先度が高い気がする。

 

clue にてzemi英会話講師
するめカフェスタッフ
として活躍した、
フェリックスという男。

どこで覚えたのか、
彼の口癖は、

「アー、ソウソウソウ」

 

なんか言っても実際は
あまり理解してないのかも知れないが

「アー、ソウソウソウ」

 

ヒゲ面の繰り出すこの言葉に、
我々は魅了され、

「助けてやんなきゃな」

と、思ったものである。

 

これが、

「ハイ ワカリマシタ」

「イイエ、チガイマス」

 

だったら、
きっと壁ができていたに違いない。

 

要は「愛嬌」
愛嬌は万国共通だ。

 

文法なんかわかんなくたって、
実際はなんとかなる!
と、子どもに教えるのも
悪くないと思うんだけどなぁ。

 

高橋さんからは、
おもしろい「ことば論」が
聞けそうな気がする。

 

2017年07月30日 | Posted in 2足のわらじーズ | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です