横山三国志

小学生の頃、父から買い与えられたもので

もっとも思い出深く、

役に立ったであろうものが

横山光輝先生によるマンガ「三国志」。

 

当然、中国の歴史なんて

これっぽっちも知らないけれど、

裏切りや策略など

とんでもなく複雑な人間関係の一方で、

主役クラスの張飛が

なんでもないところで死を迎えてしまう

あっけなさがあったり。

 

普通のマンガとはちょっとちがう展開に、

一回では納得がいかず、

二回、三回と読み返したのでした。

 

だからもうストーリーは

完璧に頭の中に入ってる。

 

…と思っていたら。これ。

 

 

 

 

げぇ!の分析とか。

 

 

 

呉の定義がすごい。

 

 

 

まだまだ足元にも及ばぬので

勉強し直しです。

 

 

仕事柄、どんな学生時代を過ごしたのか。

と聞かれるのですが、

マンガはよく読んでおりました。

 

のび太くんのママのように、

「マンガ=悪」的なお母さんが

多いと思います。

しかし、下手な本を読むより、

マンガのほうが

大事なことを教えてくれるもんです。

 

 
 

writer profile

clue永井雄太郎

clue代表 永井 雄太郎

1980年生まれ。
仙台一高~早稲田大学政治経済学部

遊び呆けた高校卒業時の偏差値は30。「君がいける大学はない」と担任から通告されるも、偏差値を70まであげて合格。勉強は頭の良し悪しや量じゃなく、やり方のモンダイなのですよ。と、自分の経験とやり方を伝えるべくclue zemiを設立。また、勉強と生活との接点を表現するため、パン屋併設カフェ『するめcafe』や、webマガジン『余談Lab』などを運営中。

お問合せはこちら

 

 


2017年11月01日 | Posted in 余談Lab, ザ・余談, clue zemi, zemi column | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です