閃きのための時間 ー 青山佳世

 

受験シーズン、
これから本番を迎えられる方たちも
多いのではと思います。

寒さも厳しい毎日ですので、
どうぞ暖かくして、
体調を崩されませんように。

 

私も中学、高校は
受験に向けて必死に勉強をしていました。

「今日は◯時間勉強したから大丈夫」

と、勉強した時間数を数えて
自分を励ましていたことを思い出します。

 

だけど、デザインの仕事を
するようになってからは

何時間仕事した、というのが
成果とあまり関係ないことも
多いなあと感じます。

 

時間をかけて描いた柄が
必ずしも短時間で描いた柄よりも
良いとは限りませんし、

机に向かっている時間よりも、
美術館に行ったり、映画を観たり、
人と会ったり、
これも仕事なの?
と思うような時間に、
新しいものを生み出す
大事なヒントが潜んでいることがしばしば。

これは先日、友人と食事をしている時に
出された料理の一品。

なんだか素敵な柄が描けそうな、
閃きがありました。

 

何時間机に向かっていても
思いつけなかった、アイデアのヒントが

休日、友人との食事の時間にも
潜んでいるとは…。

ある意味、気が抜けません。(笑)

 

それでは、受験生のみなさんが
本番で力を存分に発揮できますように。

 


「KAYO AOYAMA」Web

 


▼アンサーfromながい

 clue-tegakari.com 
clue|study& web magazine&cafe
https://clue-tegakari.com/yodan/2-5%E3%81%AE%E9%9D%92%E5%B1%B1%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%B8
学習塾(zemi)、cafe&パン屋、仙台発のフリーペーパー発行の運営をしています。さまざまな側面から 「勉強」と「生活」を考え、 「てがかり」(clue)を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です