文章を書くこと ー タニムラカヤ

 

こんにちは。はじめまして!
わたしは、Giiton(ギートン)という
ブランドでディレクターをしています。

 

ギートンは、簡単に言うと
ものづくりを楽しもう!というブランドで、
全国でワークショップなどもしています。

 

そして、雑記帳「ひらめきのタネ」への
初めての書き込みにして、
私はなぜこの雑記帳に書き込もうと
思ってしまったんかと、
若干の後悔を噛み締めつつ書いてます。
逃避の為に何度、編みかけの靴下に
手を伸ばしかけたことか。

 

何でかと言うとね、小さい時から文章で
褒められた事とかないのに、
この「ひらめきのタネ」に書き込むと、
イラストレーターの金川カモメさんに
似顔絵書いてもらえるって事に釣られて、
わーい!って、引き受けてしまったから。
しゃーないです。
腹くくろうよ、わたし。
よっしゃ、やろう。

 

折角こんな機会をもらったんで、
自分は何で文章を書くことが
苦手と思ってるんか、考えてみる事にした。

 

いや、文章書くこと自体が苦手じゃないな。
だって何かをまとめるような文章、
商品説明なんかは
わりと苦じゃなく書けるから。
そうするとそれ以外の文章という事は、
自分の気持ち、考えてる事なんかを
言葉で表現する事がちょっと…
って思ってるんやな、と。
(よくしゃべるくせに)

 

ほんで、それは何でなんかな?って。
言葉を信じてないとか、
そうゆう理由ではないはず。
言葉には力があると思うし、
本読むの大好きやし、自分の思いを
みんなにわかる言葉で表現している人には
尊敬しかないし。
では、どうやって私は人に自分の思いなどを
伝えようとするのか。

 

「あっ、私言葉よりも先に動いて、
 行動して伝えようとしてるわ」

って事に気が付いた。
必要と感じる時は、言葉もひねり出すけど。

 

これでええのか分かりませんけど、
こんな感じでやっていきますので、
みなさんお付き合いお願いします!
お手柔らかに~。

 


「Giiton」 web

 


▼アンサーfromながい

 clue-tegakari.com 
clue|study& web magazine&cafe
https://clue-tegakari.com/yodan/2-19%E3%81%AE%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%B8
学習塾(zemi)、cafe&パン屋、仙台発のフリーペーパー発行の運営をしています。さまざまな側面から 「勉強」と「生活」を考え、 「てがかり」(clue)を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です