ヘソ曲げとんずら事件 ー 浅野知子

 

アタイは流しの仲居。

 

前回の島での別れ際、冗談で仲人を頼むと、

「ウチはジーさん逝っちまったから、
 親元になってるやる」

と親身に答えてくれたチカ姐さん。
話半分でも嬉しかった…。

 

そんな人情味あふれる仲居修行でしたが、
ちょっとした事件もありました。

 

とあるツアー客の夕食時、
よかれと思い飲み物の注文係を
率先してやっていたところ、
なんとお姐さんの一人が突然ヘソを曲げて
帰ってしまったのです。
聞くところによると、それはお姐さんが
毎回やっていた仕事だそうで…。
ローカルルールには有無を言わず
従うのが流しの心得。

 

あちゃーと思うも束の間、
団体客を新人と海女姐さん(←前回参照)で
さばく事態に。
海女姐さんは最前線
新人さんは唖然
でるかでないか お客のお膳
イエッ

 

さておき、その日は無事に終え
翌日にお姐さんはケロッと現れた。
周りも

「疲れが溜って休みたかったんだろう」

とのことでおおらかな対応。
仕事とはなんたるやと
責任を問うなんてここじゃ野暮なこと。
場所が変われば常識も変わる。
頭でっかちに考えればのみ込まれるぜ。

 

「ま、出だしから帰るとか…
  とってもチャーミング!」

なんて思うのも、
いびつな感情と汎用性の低い柔軟さよね。
我ながら笑っちゃうわ。

 

 


▼アンサーfromながい

 clue-tegakari.com 
clue|study& web magazine&cafe
https://clue-tegakari.com/yodan/2-20%E3%81%AE%E6%B5%85%E9%87%8E%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%B8
学習塾(zemi)、cafe&パン屋、仙台発のフリーペーパー発行の運営をしています。さまざまな側面から 「勉強」と「生活」を考え、 「てがかり」(clue)を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です