2.26の中垣さんへ

 

2.26の中垣さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
魔法のような愛の力 ” について。
 
 
「魔女」は悪いやつのことじゃない。
人に手を差し伸べる…。
 
ええ! そうなの ⁉️
と思ったのはわたしだけではないはず。
魔女といえば、毒リンゴを持って、
ウィッヒッヒと言ってる女のことかと…。
 
 
そこで、「魔女」という
言葉について考えてみました。
 
 
この「魔」という字は、
「悪魔」の魔、なのか「魔法」の魔なのか。
前者であればワルいだろうし、
後者だと、うーん。悪くないような。
 
 
前者よりの例として、
「魔がさした」というのがあります。
んじゃ、後者の例は…と考えたときに、
パッと思い浮かんだのが
元横浜ベイスターズのピッチャー。
そう、「大魔神」佐々木。
 
 
この大魔神という表現は、
相手チームにとって悪魔のような存在、
という意味だったのだろうか。
はたまた別の…?
 
 
というわけで、さっそく「大魔神」
ウィキペディアで探ってみると。
あら、びっくり!
「守護神」と出てきました。
セーブ王佐々木投手は、悪魔ではなく、
勝ちゲームを守る守護神。
 
 
ほんとだ。中垣さんの言った通りだ。
「魔」にはポジティブな意味もある。
魔女っていうのは
素晴らしい女性のことだったんだ。
 
 
今度、女性の前で、
 
「いやーあなた魔女ですね!」
 
なんて言ってみようか。
きっと引っ叩かれるだろう。
 
 
正しいことと、一般常識には乖離がある。
これは生きていくうえで
大事なことだと思いますよ。
生徒のみなさん。
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です