旅と演劇 ー chon-muop(櫻井拓見)

 

chon-muopの櫻井です。

 

旅と演劇は、似ていると思っています。
もう少し細かく言えば、

「旅をしているときの身体の感覚」

と、

「演劇を見ているとき、あるいは
 演劇をしているときの身体の感覚」

が、似ていると思っているのです。

 

いまいる場所を離れて、旅に出るとき、
からだは、少しばかり緊張しています。
未知の風景、未知の人々、
未知の経験を予感して、
からだは、それらを楽しみにしながら、
怖れてもいます。

 

何を見るんだろう。
何を知るんだろう。
何を考えるんだろう。

期待と、不安。

 

果たして、そういう新しい「出会い」が
からだに訪れたとき、そのからだは、
ちょっとだけ変わっています。
何かを見て、何かを知って、何かを考えて、

「ちょっとだけ新しいわたし」

になっている。

 

本のページを一枚めくるくらいに、
ほんの少しかもしれないけれど、
旅が終わってみると、あるいは旅の最中に、
確実に違う「わたし」になっている。

 

これは、演劇を見ているときや、
演劇をしているときのからだも、同様です。

 

-------

 

3月の上旬に、鳥取に行きます。
旅です。

 

chon-muopの久しぶりの自主企画は、
旅人が集まる鳥取のゲストハウスで、
ワークショップとちいさい公演を
組み合わせた滞在製作。
旅人として赴き、旅人たちと演劇を通して
出会ってみようと思っています。

 

チョンモップのリレーコラム、
次回は慣れない旅に(たぶん)興奮気味の、
たけうちさんです。

 

 


chon-muopのブログ『沸きあげ保温』

 


▼アンサーfromながい


2018年02月27日 | Posted in 余談Lab, ひらめきのタネ, 劇団 chon-muop | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です