3.21の有福さんへ


3.21の有福さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
庭にどんな木を植えますか? ” について。

 

自分が木に何を求めているか。
 
 
これはドキリとしますねぇ。
恥ずかしながら、何も考えたことがない!
 
 
四季を相手にする有福さんの頭の中では、

「ここがこう落ちるから、
 そこにはあれが必要で」

みたいなイメージができているのでしょう。
 
 
イメージするというのは、
勉強にとっても大事な要素でして。
 
 
例えば、かけ算の問題。

「1個150円のプリンを10個買いました」

これはみんなできる。
ところが、

「それを200円の箱に入れてもらいました」

という一文が追加されるとお手上げ、
って子が多い。
 
 
しかし、小さい頃に算数で苦しんだ、
という方も、
いまこの問題で
苦しむ大人なんかいないはず。
 
 
いつのまにできるようになったんだっけ?
と考えますと、
急激に頭が良くなったから!
ではなく、「実体験をしたから」だと
思うのです。
 
 
実体験をしたからイメージができる。
イメージができるから、式がたてられる。
 
 
算数、数学を「公式」で
捉えようとする人がいます。
「箱を〜」ときたら「足し算ですね!」
みたいな。
たしかにそれは手っ取り早いやり方ですが、
汎用性がありません。
 
 
やはり大事なのはイメージ。
それをつかむために、
机にばっかりむかってないで、
どんどん遊べばいいのにな。
と思います。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA