ニューエレガンスの閉店

好きだったコーヒーショップ
「ニューエレガンス」が
閉店ということを知り、
急いで行ってきました。

が、長蛇の列で断念。

 

戦後のにおいを
残した(残し過ぎ)通りに
個性が強くレベルの高い店が
ひしめき合う壱弐参横丁で、
ひときわ風格を漂わせていたのが
ニューエレガンス。

 

酸いも甘いも噛み分けた大人たちが
コーヒーを片手に
新聞を広げている様は、
高校生のときから
この界隈で遊び続けてきた
私には憧れの存在。

 

扉を開けるときは
本当に緊張して、
何度も店の前を
ウロウロしていました。

 

小ぎれいな格好をしてる日だけ
行こうとか、
3人以上で行ってはいけない、
とか勝手にルールを決めて。

 

今でこそ
スッと入れるようには
なりましたが、
やっぱり身の引き締まる思いで
扉を開けます。

 

先客の皆さんと、
小さいキッチンスペースで
キビキビと動く店員さんに
会釈をしながら。

 

ホシヤマコーヒーの
前身ということもありますが、
あれだけの風格を
出しているお店には
なかなかお目にかかれません。

 

古き良きコーヒーショップでした。
寂しくなります。

 

writer profile

clue永井雄太郎

clue代表 永井 雄太郎

1980年生まれ。
仙台一高~早稲田大学政治経済学部

遊び呆けた高校卒業時の偏差値は30。「君がいける大学はない」と担任から通告されるも、偏差値を70まであげて合格。勉強は頭の良し悪しや量じゃなく、やり方のモンダイなのですよ。と、自分の経験とやり方を伝えるべくclue zemiを設立。また、勉強と生活との接点を表現するため、パン屋併設カフェ『するめcafe』や、webマガジン『余談Lab』などを運営中。

[su_button url=”https://clue-tegakari.com/aboutus” background=”#a8b5ba”]お問合せはこちら[/su_button]

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA