はじめまして ー 増田拓史

 

はじめまして。
美術家の増田拓史です。

 

作家として向き合えるお仕事は
領域横断的にやっています。

 

今回はご縁あって
「ひらめきのタネ」に書き込みをさせて
いただくことになりました。
よろしくお願いします。

 

美術家として
日頃何をやっているかというと、
日常のことから天文学的なことを
考えていると言っていいのでは
ないでしょうか。
天文学というより

「妄想的に」

の方がニュアンスは
近いかもしれないが。

 

さて、高度な情報化社会になった今、
欲しい情報は簡単に
入手できるようになりました。

 

図書館で書籍や過去の新聞を
調べ漁るなんてことを
したことのない世代も増えたのでしょう。

 

情報化社会は一定の恩恵を
もたらしてくれている一方で、
人々の思考を
低下させているのではないかと
危惧する時があります。
考えなくてもすぐに
スマホで答えが出てくるからです。

 

でもその答え、
本当に正しいのでしょうか。
誰がどのような
根拠があってのことでしょうか。

 

筋トレとストレッチが密接な関係のように、
膨大な情報源を使いこなせる
考察力を身につけることは、
学力ではないかもしれないが、
生活力を引き上げる
一因になるのではないでしょうか。

 

当たり前のことのように
読み取れるとおもいますが、
実はみなさんも日頃の生活では
案外鵜呑みにしていることが
多いのではないでしょうか。

 

筆者も自戒して取り組んでいきます。

 


▼アンサーfromながい


2018年06月09日 | Posted in 余談Lab, ひらめきのタネ, 美術家 増田 拓史 | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です