ITエンジニアという仕事の魅力 ー 亀田恭平

現在開発中の、冒険に行って鳥をコレクションするアプリ。
「どうやったらもっと楽しめるか」
「どうやってこの楽しさを知ってもらうか」

悩みながらも、楽しく開発しています

 

今回は、僕の2足のわらじの
「ネイチャー」でないほう、

「ITエンジニア」についてご紹介します。

 

みなさんは、ITエンジニアって
何をする仕事だと思いますか?

「開発(プログラミング)をして
 システムを作ったり、
 ITに関する問題を解決する」

はい、その通りです。
ちなみに「プログラミングそのもの」は、
エンジニアの仕事「モノづくり」の中の
ほんの一部、
「作業」に関する部分のみのことです。

 

では、モノづくりとは
どんな仕事でしょうか?

 

こんなサービスがあったら

「便利・楽しそう・みんなが喜ぶ」

というアイデアたち。
アイデアを思いつく人は
たくさんいると思いますが、

全員がそれを実際に形にできる力を
持つわけではないです。

 

インターネットをはじめとする
世界中の情報・技術を使って、

自らの手で面白いサービスを
生み出すことができる。

それこそがエンジニアの仕事であり、
最大の魅力です。

 

さらに、独立して
自分のサービスを作るようになってから、

もう1つ楽しみを見出しました。
それは、

「作ったモノをどうやって
 皆さんに届けるか」

です。
これは本当に難しい。
難しいけど、
どうやったら自分の作品を届けられるか、
メッセージを伝えられるか、
毎日ずっと考えてしまいます。

 

そんな風に真剣に向き合えるのは、
そのサービスを “自分自身で” 考えて
苦労して作ったからこそです。

 

モノづくり以外にも考えたり
やらなくてはならないことが増えて大変。
だけど、飽きないです。

 

こんな面白いことをさせてもらえる
エンジニアをやっていて良かった、

と僕は自分のやってきたことを
振り返る度に思います。

 


「ネイチャーエンジニア」 web

 


▼アンサーfromながい


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です