6.22のカモメさんへ

 
 
6.22のカモメさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
お仕事はどこから? ” について。
 
 
塾、というのは狭い商圏なので、
「地域の口コミ」というのが
最も影響力を持ちます。
 
 
こちらは長年やってきている故、
なんとなくですが、
「こうやれば」というのが見えています。
 
 
しかし一方で、最近力を入れている
B to B。
これ、どうやって売り込んでいいか
全くわからず…。
 
 
中身は一応、ちゃんとしたものを
つくっているつもりではあるのですが、
アピールしても「暖簾に腕押し」状態で。
 
 
で、こっちに気を取られていると、
肝心の中身が追いつかなくなってきたり。
もう、日々発狂しそうです。
 
 
さて、
点数が上がらずにもがく生徒がいまして。
我々プロ(いちおう)の目からすると、
それは必然的な「踊り場」。
そこで踏ん張れば急角度で
伸びることはわかっています。
 
 
でもここで我慢できない人がいる。
 
・投げ出す人
・やり方を180度変える人
・教え方が悪い、と転塾する人
 
もちろんやり方に大きな誤りがあれば
話は別ですが、そいうケースはレア。
変なタイミングで「心機一転」しちゃうと
ガクガク〜!と落ちていく可能性大です。
 
 
でも、トンネルって不安。
生徒の皆さんには偉そうなことを
言っていながら、私は
心が折れそうになっています。
 
 
そんなときにカモメさんの
書き込みを読んで、少し勇気が。
 
「カモメすら且つ苦労する、 
 況や永井をや。」
 
カモメさんみたいな
すごい人でさえ苦労しているのだから、
私のような駆け出しが苦労するのは
当たり前。
 
 
というわけで、ドシドシお仕事ください。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です