6.26のchon-muop たけうちさんへ

 

6.26のたけうちさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
逃げる助詞をつかまえて ” について。
 
 
授業以外で話すのが、
じつはちょっと苦手です。
話してて、あれーなんかおかしいぞ。
とは思うのですが、
なにがおかしいかわからず。
 
 
なるほど。助詞と語尾か。
 
 
勉強においても、
うまくやっている人と、
そうでない人の差は
同じようにちょっとしたことで。
 
 
数学の文章問題が苦手、
という人がいます。
います、というかみんなですね。
 
 
なんで解けないのかな〜
と思ってみていますと、
なにを求めればいいか
把握していない人がほとんどで。
 
 
文章を読んでるうちに、
なんだかわかんなくなってきて…
とりあえずそれっぽい方程式を
引っ張り出して、
それっぽい数字をはめていく。
 
 
最終的に、あれ。
オレはなにをしたいんだ?
みたいな。
 
 
数学を解くにも国語力が必要なのです。
とは言っても、
すぐなんとかしたいんだけど!
という声が聞こえてくるのは必至。
 
 
そういうときはですね、
問題を下から読むのです。
「〜を求めよ」の〜をまず把握する。
そうすれば迷子になりません。
 
 
で、この方法も極めると、
そこを読んだだけで、
必要な道筋が見え、
あとはそこに適切な数字を
入れていくだけで完成。
なんと、問題文を全部読む必要がない。
 
 
計算スピードを上げる!

と躍起になっている人がいますが、
機械ではないので、限界がある。
 
 
それよりも、
ちょっとした工夫をすると、
勉強時間が短くてすみます。
サッとやって、
早く遊びに行きたいでしょ?
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です