月と母 ー 土井サオリ

 

こんなに目まぐるしく過ぎていく日々は
もう、無いかもしれない。

 

引越しが終わった次の日に
母はこの世を去った。

 

コンビニからの帰り道、
あと数日で満月になりそうな月を見ながら

「もう一度(母と)一緒に住めたら 
   楽しいだろうな」

なんて、ふと思いながら帰宅した
数時間後だった。

 

それから1週間はバタバタと
仕事も休み、家にも帰れず、
普段あまりかけない「電話」を
1年分かけた気がした。

 

父と母が暮らした家の退去は
意外とスムーズに終わり、
引越ししたばかりの私は、
さまざまな手配を覚えたままだった。

 

姉と二人でピカピカにした床。
夕陽が差し込む洋室に、
いつの間にか白い子猫が2匹
ベランダから入って座っていた。

 

ひぃおばあちゃんが飼っていた
白猫のリリィーと、
私が小学生の頃に初めて飼った
白猫のミルクを思い出した。

 

7/12〜7/16には、
東京のお友達が、京都で開催した
猫イベントのお手伝いさせてもらって
おかげで沢山沢山、元気をもらった。

 

新居は猫が飼えない場所だけど、
フクロウをすすめられたり、
犬に触る機会がおとずれたり、
ここ数日、
色んな動物たちに癒されています。

 

7月は、引越しを応援してくれていた
母の誕生日月でもあるので、
ほんの少しずつでも感謝を返していきたい。

と、今さらながら思うのです。

 


「ふるふる舎」Web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です