7.23の佐藤さんへ

 
7.23の佐藤さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
キャッチアンドリリース ” について。
 
 
キャッチアンドリリースという
システムには
長年、合点がいかなかった人間の1人で。
 
 
佐藤さんにツッコミを入れ続けている人。
あれはまさに私です。
それにしっかり答える佐藤さん。
さすがです。
 
 
小論文や作文を教えていますと、

「こうあるべきなので、こうすべき」

という文調のものが多く。
学校では、
 
「立場をしっかり決めて書きなさい。」
(かつ、道徳的に)

なんて言われるもんだから、
「べき」を書くのが
小論文だと思ってしまいます。
 
 
でも、そんなに
スパッと切れる話はそうなく。
「キャッチアンドリリース」ついても
いかがなものか?
とこれまで考えていましたが、
「人間の楽しみ」
というのも考えに入れるべきなんだな、と。
 
 
社会問題で言えば捕鯨問題とかも同様で。
ファジーな部分は
どこまでいっても存在する。
目くじらを立てて断じるのではなく、
そこをうまーく説明できると、
小論文のクオリティもあがります。
 
 
佐藤さんのコラムは素晴らしい教材です!
こういう展開を目指しましょう。
 
以上、小論文担当講師でした。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です