「許して」と謝るは誤りー 稲葉基大

 

こんにちは。

「悪い事をしたら謝る」

という当たり前のお話。

 

「謝る」というのは、
悪いことをしてしまった相手の気持ちが
少しでも元の穏やかな状態になって貰う為に
自分のしてしまった事を深く反省し、
謝意を伝え、心を尽くす事です。

 

悪い事をしてしまった本人が許して貰う事で
自分の中の罪悪感から解放され
楽になる為ではないのです。  

 

政治家や企業の社長が記者会見等で
口先だけの謝罪をするシーンを目にしますが

「謝ったから許された」

という考え方は最も酷いです。

 

人生には、思いがけず周りの人を傷付けたり
迷惑をかけてしまう事があります。
そんな時には、許して貰う為にではなく、
ちゃんと「謝る」事が出来るように
心がけましょう。

 

出来れば、謝らないでも
良い人生を歩んで行きたいですね。

 


「wagashi asobi」 Web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です