8.9のはしもとさんへ

 

8.9 のはしもとさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
中心のはなし ” について。

 

15歳で彫刻家を志したはしもとさん。
人生には「きっかけ」というものが
必ずあるんだな、と。

 

はしもとさんのそれは阪神大震災。
私も当時中学生で、テレビに映る
ぐじゃぐじゃになった街並みを
呆然とみていました。

 

それから10数年後。
まさか自分が当事者になるとは
思ってもみなかったことで。
ただ、地震で失ったものは多いけれど、
これをきっかけに、
新たな動きが生まれたのも事実。
震災前では考えられなかった人の繋がりが
次々と実現しています。

 

これを率いている人たちは、
はしもとさんの言う
「中心から離れて」ものをみれる
人たちな気がします。

 

当事者でありつつ、ときに客観的に
考えることができる。
どっちが欠けても完成しない、
その絶妙なバランス感は、
地震がなければ生まれなかったものかも。
辛く苦しい経験があってこそ。

 

厨房=中坊 という言葉があるように、
中学生の大部分は
自分のことばかりみています。

 

これが悪いと言うわけではないけれど、
でもいつかは「中心から離れる」ことを
学ばなければなりません。

それに必要なのは、やっぱり
辛く苦しい経験。
昨今、親が子の苦労の芽を摘む動きが
激しいですが、

こればっかりは代行できないでしょ。

と思うのです。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です