8.14の青羊(けもの)さんへ

 

8.14の青羊さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
誰かと曲をつくる ” について。
 
 
青羊さんのコラムから
勉強に大事そうなことを
3つ引っ張ってみます。
 
 
まずは、
「寝起きに湧いてきた」
 
寝ている間に頭の中のコビトさん
が大活躍するというのは
有名な話で(科学的にも)。
 
「オレ、昨日3時間しか寝てねーぜ」
「オレなんか〜」

と妙な対決をする人がいますが、
テキストなんかさっさと閉じて寝ましょう。
ぐっすり寝て起きたとき、
その問題はきっと解決しています。
 
 
次に、
「コードに導かれメロディが出てくる」
 
勉強にはリズムが必要です。
成績優秀者の多くが、
リビングで勉強している
という調査結果もあったりして、
アイデアを出すときの音は人それぞれ。
電車の音、生活音、音楽。
自分にぴったりの音を探すと
勉強もススムくんなのではないかと。
 
 
そして、
「誰かと曲をつくると
思わぬものが生まれる」
 
勉強は、ある程度の人数で
やったほうがいいし、
雑談や、それ以外の経験も
積極的にとり入れるのがおススメ。
 
 
新たな視野をとり入れることで
厚いと思っていた壁が
サラサラと崩れることが多いもの。
 
オレは受験生!

と言って鎖国を始める人が

けっこうおりますが、
教科書で幕末あたりをじっくり
読んでみるといいかもしれません。
 
 
何より、
この「ひらめきのタネ」に
書いているアイデアだって、
シンガーソングライター vs 塾講師
という構図だから生まれるもの。
 
 
ね。毎日が文明開化でございます。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です