8.15の稲葉さんへ

 

8.15の稲葉さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
真ん中 ” について。

 

医者、弁護士、税理士、教師
そして塾講師。
 
 
若くして「先生」と呼ばれるひとは、
勘違いをすることが多いのだとか。
それを防止するために
職場では「さん」づけで。
なんて話も聞きます。
 
 
思えば20数年前。
初めて行った夏期講習で登場した
偉そうな大学生講師。

「やってられっか!」

と初日で退学。
そのあたりから塾アレルギーです。
 
 
そういう人も多かろうと
自分でも塾を始めてみました。
「塾アレルギーが考える塾のあり方」
 
 
親子ほどの年齢差がある私と生徒ですが、

「おい」「ねぇ」

で呼び合っていて。
私も彼らから学ぶことは
山ほどあるので、
関係はフラットでいいと思っています。
親御さんが現場をみて、
たまに慌てておりますが…。
 
 
世の中には年次や立場で判断し、
やたらと高圧的な
態度をとってくる人が多くて
某ボクシング会長は氷山の一角。
 
 
 一方で、志村けんさんのように
 どの世代にも (動物にも!)
フラットに接せられる人がいて。
 素敵だなぁと憧れます。
 
 
私も死ぬまで
 
「だっふんだ」

をかませる人間でありたい。

と思いながら日々精進
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です