偶然の産物が見たい ー タニムラカヤ

 

こちら、今売り出し中の
モンスターブローチです。

 

民俗学博物館などにある、
お面をイメージして作っています。
何とも言えない表情でしょう?

 

実はこれ、パキスタンで1個ずつ手で、
金モール刺繍という技法で
作ってもらっています。

パキスタン……

旅好きの私にとっては、甘美な響きです。

 

パキスタンは金モール刺繍の産地で、
世界中の金モール刺繍のほとんどは
パキスタンで作られているそうです。

 

私が直接パキスタンの人と
やりとりしてるわけではなく、
間に日本の刺繍屋さんに
入ってもらってんねんけど、


その人に、
パキスタン行ったことあるんですか?
(羨望の眼差し)

って聞いたら、

何でそんな危ないとこ
行かなダメなんですか ?!
(ちょっとキレぎみ)

って返された。…うん、何かゴメン。

 

そして、海外でのものづくりは
デザイン通りに作ってもらえないことに
苦労するのがあるあるです。

 

デザインも大きさも、
糸の色も全て指示してんのに
全っっっく違うものが出来上がってくる。
不思議~。

 

でも、私はそれすらも楽しみたいし、
もしかしたら
こっちが渡したデザインよりも
めっちゃええやつが出来るかも。ってゆう
淡い期待もしてる。

 

間に入ってる刺繍屋さんは、
頑なにデザインと違って出来上がったもの
(未知のめっちゃええやつ)を
見せてくれへん。

 

わかるよ。
依頼されたもんを全然形が違うのに、
『出来ました!』って渡されへんのは。

 

けど、私は、
その違うやつを見て爆笑したり、
ツッコんだりして遊びたい。

 

もしかしたら、
こっちが渡したデザインの4割増しくらいに
ええやつが出来てるかもしれんのに~。
もどかしい。

 


「Giiton」 web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です