蔓植物の戦略 ー 有福 創

植物は自分の種を
繁栄させる事を目的にしています。

 

日陰でも育つように葉を大きく広げて
木漏れ日でも光合成できるように進化したり
逆に草原でも干からびないように
ススキのように細い葉に進化して
自分達の居場所を確保しています。

 

そんな中、蔓植物の戦略は、
幹を自立させる事に
労力を使うのをキッパリ辞めて、
自分以外の幹を利用して細くても長く高く、
あっという間に光の当たる場所に
葉を広げて、光合成しまくりです。

 

これはまるで、
iPhone の携帯ケースを作り、
ヒットさせる中小企業のようです。

 

これは明らかに生存競争と、
戦略の世界なんだけど、
植物達は、いつ何処でどうやって
戦略立ててるの ???

 

知れば知るほど奥深い植物の世界です。
中には、自身を自然発火させて山火事を作り
その後のうのうと
自分のタネだけ発芽するっていう
恐ろしい戦略者もいるようですよ。

 

人間界にはそんな事を考える人は
出てきてほしく無いものです。

 


「空間創造工房 アトリエ朴」Web

 


▼アンサーfromながい


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です