8.18の土井さんへ

 
 
 
一昨日は仙台にて、
音楽の祭典に出店しておりました。
 
 
HIPHOPが中心のこのイベント。
「ご職業は?」と聞きたくなる
仙人級のヒゲを蓄えたおじさまや、
からだじゅう刺青が入った方々が、
これでもかってくらいの密度で
盛り上がっておりました。
 
 
その中で、畳職人やガーデナー、
文具屋にジーパン屋、
古道具屋なんかもいて。
 
 
私も相変わらず、
パン、ブラウニーとワカメなど
売ってまいりました。
 
 
一見するとハチャメチャです。
 
 
主催者の一人に、このイベントの
コンセプトを聞いたところ、
 
「踊りにきたら、おいしいものがあった」
「買い物しにきたら、
   いい音楽を知ることができた」
そういうふうに、壁を取っ払った
イベントにしたくて。
 
と。
 
 
芸術には人と人を繋げる役割が
あると思います。
全く共通点がなさそうな人たちが
あれ !? おまえもそれ好きなの !?
みたいな。
 
 
しかも、その芸術が
マイナーであればあるほど
おもしろくて、
 
「ミッションインポッシブルが
 好きなんだよね!」
 
といっても
あまりインパクトはありませんが、
 
「バグダッドカフェ好き!」

と言われれば、

「マヂで!」
 
と興奮度が高まります。
(少なくとも私は土井さんに対して)
 
 
芸術にはこういう力がある。
とするとですよ、
それを軽視するって
リーダーとして大丈夫ですか?
と私は思うのです。
 
 
数百億円の損失を出してるとかいう
Cool Japan。
「芸術」「文化」の定義を
根本から間違ってないかい?
と噂が絶えなかった大型企画ですが
やはり…という結果に。
 
 
その1/1000でいいから、
国内に回しておくれよ。
と願ってやみません。
先日、仙台の名物ミニシアターも
また一つなくなりました。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です