野あそびの恵み ー 佐藤みずき

 

こんにちは。
野あそびガイドみちくさの佐藤です。

 

まだお盆が過ぎたばかりだというのに、
朝夕は涼しさを感じるようになってきた
北海道です。

 

さて、釣りの話ばかりで
飽きているかもしれないが、今回で最後。

 

前回はキャッチアンドリリースという
釣人の矛盾を書かせてもらった。
とは言え、仙人にはなれないので
霞を食って生きていくわけにもいかず、
食物は得なければならない。

 

たいていの食料は
もちろんお店で購入してくるが、
我々アウトドアを嗜む人は
自身で入手することもできる。

 

山菜採りにキノコ狩り、狩猟、
そして魚釣り。

 

愛おしい魚だからこそ食べ方には気を遣う。
自然繁殖していて、
十分な生息数があることが
まず絶対的な条件で、
足の速い(傷みやすい)渓流魚だから
釣ってから30分以内に食べられること。

“わた”ごと焼きにしようか。
焼きにするならやはり薪で。
刺身にするなら
“あら” や “皮” 
は汁にしなければ。
揚げてパリパリにするのも捨てがたい。
焼きにするなら22~23㎝くらい、
刺身にするなら27~28㎝くらいと
サイズもこだわる。
一尾を何一つ無駄にせず、
最も美味しい状態で
食すことができないなら、
持ち帰ることはしない。

 

そうやって食べるか食べないかを考えると、
山菜の採り方も変わってきた。
料理に合った育ち具合で、
必要部位だけ、必要な量だけ。
当日中に処理する
時間的な余裕があること、と。

自分で得たものを手間暇かけて
口にするときには何の意識もせずに

「いただきます」

と口から漏れる。

 

ありきたりだが、それは料理人へではなく、
食物に対しての言葉だと実感できる。
それが解ったら、たとえカップラーメンでも

「いただきます」

と言うようになった。
野あそびが教えてくれることはとても多い。

 


「野あそびガイドみちくさ」Web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です