8.23のタニムラさんへ

 

8.23のタニムラさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
偶然の産物がみたい ” について。

 

あれ?
タニムラさんと私は
一緒に育ってきたかしら?

と思うほど、ズバッときた今回のコラム。

 

相手に委ねてみるのって、
おもしろくないですか?
このひらめきのタネなんかまさにそうで、

「好きに書いてください」

という企画。

 

リーダーシップ、目標、目的、計画、
あるべき姿…。
どうもこういう話が苦手なため
やっていること全て
出たとこ勝負感が強いです。

 

いいかげんな!

と思われるかもしれませんが、
そういうの決めちゃったら
できあがるものもだいたい決まってくるし、
結局、「自分の能力の範囲内」から
脱せないんじゃないかと思い。

 

勉強もそう。
うちの塾はカリキュラムが
ナッシングなので、

ありえない!

と怒りだす方がいらっしゃいますが、
特に子どもなんか予定通りにいかないし、
講師が「強いリーダーシップ」
なんかとったら「オェ〜」となるし。
(少なくとも私は)

 

実際、こっちが用意していった解答も

「こっちのほうが楽じゃね?」

と生徒からダメ出しを受けることも
あります。

 

足し算ですらいろいろな
アプローチがあるので、
その人がわかりやすい方法をとればいい。
私も

「おぉ!なるほど!」

と思うことも多いのです。

 

人から工夫を得ることも大事だし、
与えられた情報が、
自分にとってどうなのか?
使えるのか、使えないのか?
という判断の訓練を繰り返すのは、
これからの世の中で
大事なことなんではないかと。

 

与えられたキレーなやり方を
盲目的に受け入れていると、

「未知のめっちゃいいやつ」

に出会えなくなっちゃいますよ。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です