私達のゲンザイとミライ ー 尾形弓子

 

こんにちは。「2足のわらじ」
ヨガ講師&ヘナインストラクターの私
yumikoの第4稿。

 

今回の宮崎への帰郷の大きな目的は
これでした。

 

なかなかライセンスの許可が下りなかった
赤毛のアンのオペラ上演。
それが世界で初めて公演されることになり、
そのマシュー役を私の父、
曽根和幸が演じました。

 

御歳71歳の父は、長年男声合唱団に所属し
海外でも公演していましたが、
70歳を超えての初のオペラ。
オーディションからのプレッシャーは
相当なものだったのではないでしょうか。

 

この1年、帰省する度に
このオペラミュージックと父の歌声が響き、
内心うっさいなーと、静かにしてよ!と
心ない言葉を投げてしまった事を
とても後悔しています。

 

プロに混ざって、声を振り絞り、
慣れない身振り手振りで演じた父の姿に
涙が止まりませんでした。

 

いくつになっても、
人は成長し続ける事が出来る。
それを父から学びました。
心からの感動をありがとう。

 


yumisoneyo instagram

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です