9.11の上間さんへ

 

9.11の上間さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
開くたびに新しい ” について。
 
 
1次情報にあたれ!
バイアスをなくせ!
 
 
 学校ではこう習うし、
 その手のビジネス書も山ほどあります。
 たしかに、某スポーツ紙の
 
「カッパ発見!」

という一面見出しに

 「やべー!」

と踊らされては

 やばいのだけれども。
 (ただ別な意味でやばくて好き)
 
 
 では2次情報がダメかというと、
 そうともいえない。
 1次情報に触れた人がどう感じたか
というのはけっこう重要で。
 
 
たとえば旅行だと、る○ぶに載っている
事実(営業時間とか)には
温度を感じないけれど、
雑誌のレポートには胸が熱くなります。
 
 
ライターの感じたこと。
つまりバイアスが
かかりまくっているわけだけれど、
なんだか自分がそこにいるような
気持ちになって。
 
 
イケてるライターや雑誌を見つけると、
旅行の話に限らず、
その雰囲気を咀嚼して
生活に落とし込みたくなる。
 
 
それをみた誰かが、また咀嚼して…
いよいよ3次、4次となってくるけれど、
そうやって熱をもってくると、
最終的に「カルチャー」ってやつに
なるんじゃないかと思います。
 
 
ここまでくると
事実はある程度どうでもよくて、
感じ方が大事。
 
「チホーソーセー」

とか

「カツリョク」

とか言っている

政治家やお役人さんが
なにかをするとことごとく失敗するのは
事実だけをみているからじゃないかな、
と思っております。
 
 
1次情報以外の大切さも
学校でもっと教えるべきかと。
 
 
北海道の地震。
風俗店が風呂を提供したり、
焼肉店が在庫の肉を全て無償で振舞うなど
予想だにしないことが
次々おこっているそうで。
 
 
大震災の時、仙台でも
かつてないカルチャーが次々うまれ、
それが今はしっかりと根を張っていて。
 
 
やっぱりそれも、
数字や事実だけをみていては
理解できないことです。
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です