9.16の土屋さんへ

 

9.16の土屋さによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
書いて伝える。書くと伝わる。
について。

 
 
読書感想文。
今でこそ教える立場にありますが、
私も大っ嫌いで。
 
 
そもそも指定図書ってなんだよ。
つまんねーもん選びやがって!
と、言ったのはうちの生徒で、
私ではありません。
(同じことを思っていましたが)
 
 
とは言っても、
選んだ人に悪意があるわけではなく、
その人にとってきっとおもしろいもの。
(だと信じたい)
 
 
ものごとというのは相対的なもので、
絶対これ!ってことはないはずなのですが、
ここ日本では、

「みんな、こう考えましょう」

というのが教育だとされていて。
 
 
でも実際生きていると、
そんなモノサシは全然役に立たない!
なぜならさっき言ったように相対的だから。
 
 
その極みが「古本」かも。
汚したら価値が下がります。
と学校では習うし、
ブックオフに持ってけば
電車賃にもならない金額で引き取られ。
 
 
しかし、土屋さんがしたように

「書評を書く」

なんてことをすると、

経年変化した本を喜んで
買っていく人がいたりして。
 
 
ものごとは相対的。
これを知っているか知らないかで、
今やっている勉強の活かし方が
違ってきます。
小さい頃から、疑ってかかる、工夫する、
という機会にぜひ恵まれて欲しいなぁと
思うのです。
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です