翻訳において大切だと思うこと ー 檜垣裕美 

 

翻訳をするときには
言語の違いを意識するようにしている。

 

たとえば英語から日本語に翻訳するとき
単語レベルで英語を日本語に
置き換えることはできない。
英語の文には必ず主語があるが、
日本語の文では省略されることが多い。
だから英語の主語を
すべて日本語に翻訳すると
不自然になることも多い。
また英語の文では省略されることも多いが
日本語に翻訳するときは
それを補わなければならない。

 

学校英語の和訳と翻訳は本質的に違う。
前者では文型、語法、単語の意味などが
わかっていることを示すために訳す。
後者では前者と同じ方法でいくと
うまくいかないことも多い。
日本語でありながら英語に引っ張られた
何とも不思議な日本語になってしまう。
でもそれをよくわかっていない大人も
けっこう多い。
お客さんのなかにも…。

 

よく言われることだが、
翻訳とはたとえれば塀の向こうで
おこなわれていることを見て、
それを見ていない人に伝えるような
作業だという。

 

大切なのは見かけの構文ではない。
実態は何を言っているか、
それを見極めること。
原文と訳文の構文は
違っていても伝えている内容が
同じであれば良いのである。

 

英語で書かれていることを
どのような日本語で表現するのか。
それはその人がどれだけ
日本語の引き出しを持っているかにも
かかってくる。

 

翻訳は奥が深くて自分の訳文に
満足がいくことは少ないが、
普段からできるだけさまざまな文章を
読むことを心がけ、
和英・英和辞典だけではなく
英英辞典、国語辞典、類語辞典も駆使して、
ああでもないこうでもないと
何度も読んでは書き換え、
読んでは書き換えする毎日だ。

 

次回はビルマ語の翻訳について
お話しようと思う。

 


檜垣裕美Instagram


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です