普通すぎていつも忘れそうになること ー タニムラカヤ

 

先日rooms EXPERIENCE37という
合同展示会に参加しました!

 

 

いろんなブランドや企業、
アーティストがそれぞれの商品、
見せたいものを各々の表現で発表する場。

 

そして展示会には、特有の高揚感があって
来場されているバイヤーさんや
プレス関係者、一般の方、
出展者までもが何か、
ソワソワドキドキしてるように見えた。
町のお祭りみたい。

 

 

初対面の人と
自分たちが作った商品を通して、
たくさんお話しできるのも嬉しい。

 

感想を直接聞けるのはありがたい事。
そして色んな捉え方があるのだなぁ。と。

いや、そこまで全然深く考えてへんけど…。
恐縮です!
ありがとうございます!

って感想もままある。

 

自分が関わって作ったものを発表するのは、
怖くもあり、
ちょっと恥ずかしくもあるからこそ、
喜んでもらえた時は
こっちもめっちゃくちゃ嬉しい。

 

あぁ、私は人に喜んで貰うのが好きやから
こういう事やってんやな。

っていうびっくりするくらい
単純な事を思う。
手垢が付きまくった言葉やけど、
これからもたまには思い出したい。

 


「Giiton」 web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です