10.8の青山さんへ

 

10.8の青山さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
スウェーデン(2)” について。
 
 
皆が自分の生活を大事にする国。
 
いいですね。この時代に

「今日は渋谷で5時」

なんて言おうもんなら、
こいつはきっと仕事してないんだな、
と思われる始末。
 
 
「失われた10年」
とわたしは教科書で習ったのですが、
今や「失われた30年」ですと。
こんな話ってありますかね。
 
 
とりあえず最近、東京ラブストーリーが
再放送されているようなので、
みんなであの、
「仕事そっちのけ」の世界へ
戻れることを期待します。
 
 
さて、勉強について考えますと、
こちらの世界も、
やはり年々ギスギスしてきて。
この原因を考えてみますと、
おもしろいものが見えてきました。
 
 
受験生の一日あたり勉強量は
昔に比べて圧倒的に増えています。
では、それに比べて
問題が難しくなったかというと
そういうわけでもなく。
 
 
これはどうも、

「一生懸命やる」「長時間やる」

ということだけにとらわれて、
やり方をしっかり考える時間が
減ったからではないかと。
 
 
本来、1時間かかるところを
30分で終わらせられれば、
褒められるべきものなのですが、
残り30分を遊んで過ごすと怒られます。

「不真面目である!」

と。

 
 
そうなれば当然彼らは、

「急いだってムダ」

と判断し、やり方を考えなくなります。
するとただただ、
忙しく問題を解くだけ。
 
 
「大人はどうしていつも忙しいのですか」

という子どもの質問に、
みうらじゅん先生は、

「忙しいふりをしないと怒られるからです」

と答えてらっしゃいました。
まさにこの価値観。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です