最高の日 ー 稲葉基大

 

季節外れの台風が西にそれたお陰で
この町の空は青く晴々としている。

 

気持ちのよい風が
桑の枝を揺らし落ち葉を誘う。

 

珈琲を淹れた僕は、
大好きなシャンソンが流れるアトリエで
鼻歌をうたいながらこの作文を書いている。

 

三連休真ん中の日曜日、
お客様はまばらで
いかにものんびりとしたものだ。

 

朝から良いことが有ったので
気持ちもとても穏やかである。

 

勿論、店がこんなに暇な状況は
喜べないのだが、個人的には、
こんな日を

「最高だなぁ…」

と感じてしまう。
いや、きっとこの10月7日は
最高な日なのである。

 

こんな風に、
無意識では見逃して逃してしまう
楽しい日常を愉しむために、
現実逃避のような現実凝視の
ポジティブ感覚を身に付けることで、
当たり前の生活が息抜きになったり
思わぬ気付きを与えてくれることも
ありますよ。

 

 
「wagashi asobi」 Web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です