10.9の秋津さんへ

 

 
 
出だしから失礼なことを書いてしまって、
猛省していたところでした。
今回それに正面からお答えいただき…
 
 
なんと素敵なお方!
ありがとうございます!
そしてすみませんでした。
 
 
今回のコラム、
占いとは

「自分の決断に対するヒント」

という秋津さんの言葉が響きました。
 
 
私はてっきり、占いとは

「〜なさい!」

というものなのかと思っていて。
 
 
「あんたは良くても、俺は良くない」

という反抗を義務教育を通して
行ってきた身としては、

「〜なさい!」

はもっとも噛みつきたい言葉。

 
 
しかし、秋津さんによれば、
そういうもんではないと。
 
 
人間は1日に5000-10000回
決断をしていると言いますが、
実際のところ、
その決断が正しかったのかどうかなんて
測れるモノサシはないわけで。
 
 
受験にしたって、
受かるのがいいのか? と言えば
決してそうではない、という例を
私はたくさん見ています。
 
 
人間万事塞翁が馬と言いますしね。
 
 
正しいのかどうかわからない決断を
繰り返す中で、
占い師から伝えられたことをもとに
思考を構築してみるってのもアリかも。
別角度の視点で考えられるように
なるかもしれません。
一つのヒントとして。
 
と、書いていて、あれ…

「ここがヤマだぞー!」

「テストに出るぞー!」

と毎日言っている私。

これって一種の予言ですよね…。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です