坂道にみかん ー 土井サオリ

 

朝、駅からの坂道をあがっていると
前方に色艶のいい「みかん」が
ひとつ落ちていた。

 

一瞬通り過ぎただけで、
そのぷっくりとしたみかんが頭から離れず

どうやって、どんな音を立てて

地面に転がったんだろう…。
落ちたんじゃなくて、置かれたのかも…。
帰りはどんな状態なのだろう…。

さまざまに想像を膨らませながら、
ドキドキしたり、切なくなったり
感情が大きく揺さぶられた。

 

その丸くて、かわいい感じを
私は見た。いい角度で見た。
なので

「みかんの歌をうたいま〜す。」

と歌いだしたい気持ちを抑えて、

いつもの席にきちんと座った。

 

 

 ー 居場所 ー


先日出店していたマルシェでの会話

「何をされているんですか?」

 >色々していまして
  今日は本とCDを出店しています

「なんだか、
 枠組みがない感じでいいですね」

そう、言ってくれた。

 

一言でまとめたくない時
居場所を固定したくない時
「今は」「今日は」と
付け足してしまうのだろう。

 

その方が都合がいいってだけなのだけど
いまは、きょうは、あしたは、あさっては、
もっと沢山のことをするかもしれないし
全く別のことをしているかもしれない。

 

「肩書」や「ネーミング」の在り方は
狭めることじゃなくて、
広げることにしていけたらな。

 

坂道にみかんが居てもいい。

 

「ふるふる舎」Web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です