10.16のヤマグチさんへ

 

10.16のヤマグチさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
調和という個性 ” について。

 

小学生の頃、
目立つことに執心していました。
まず、冬でも半袖半ズボン。
東北の地で、です。
 
 
何を目指していたのかはわからないけれど、
とにかく「特別」な人で
ありたかったようです。
あと、給食のみかんを皮ごと食べたり。
 
 
そんな話は今は昔。
なるべく気配を消すように生きています。
何か後ろめたいことが
あるわけではありません。
(いや、あるかもしれない)
 
 
言うのは大変気がひけるのですが、
いちおう「社長」などという役職。
リーダーシップの大切さは、
今まで至る所で説かれてきましたが、
どうもそういうタイプではなく。
 
 
周りがスムーズに動けるように、
ウニョウニョ動いている方が向いてます。
調和、という状況が気持ちいいのです。
 
 
これは会社の運営に限らず、勉強も同様。

「俺ついてこい!」
「君たちを導きます!」
「ヒビコレケッセン!」

みたいなのはあまりいらないと
思っています。
 
 
主役は生徒の皆さん。
勉強を理解するのも、
試験を受けるのも彼ら。
 
 
だからうちの授業でしゃべっているのは、
講師3割生徒7割。
わたし達はあくまでも
「触媒」なのでござる。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です