10.19の土屋さんへ

 

10.19の土屋さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
秋のにおい ” について。

 

なつかしい匂いがした〜♩

 
大黒摩季先生の
「ら・ら・ら」を思い出しました。
 
 
そういえばこの歌は、
「味いちもんめ」という、
料亭をテーマにしたドラマだったような。
 
 
先ほど、野外で新米を炊く、という
貴重な経験をさせていただきまして、
そのオーガナイザーが言った言葉。
 
「炊きたてのご飯の匂い。
    これはどんな優秀な科学者でも
 再現できないそうですよ」
 
 
勉強においても、
同じようなことが言えまして、
「モヤっ」とした得体の知れない何かが
勉強の習熟度を左右することがあります…
いや、大きく左右します。
 
 
勉強のカリキュラムだったり
なんだったりを
システマチックにつくっても、
必ずしも予想された結果には
ならないもので。
 
 
それはやっぱりモヤッとする部分は
人それぞれ違うし、
それがなんなのかは解明できないもの。
 
 
そのことと上手く付き合うのが
大事なんじゃないかと。
利用することもあれば、
あきらめることもあり。
 
 
やるべきことをやってるのに
伸びない人がいたとします。

「まぁ、そのうちなんとかなるでしょ」

みたいなことを言うと、

「いいかげんだ!」

と怒られるのですが、
実際そういうもんだし、
悩んだってしゃーないし、
気がつかない間に解決してるものです。

 
 
意識しすぎると、
いつまでも抜け出せません。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です