経験値 ー 佐藤みずき

 

こんにちは。
野あそびガイドみちくさの佐藤です。
先週ついに、ゴープロのある生活を
始めました。

…で始まる書き出しも早12回目の最終回。

 

日ごろ

「アウトドア力は防災力だよね」

仲間たちと笑いあって焚火を囲んでいた。
9月頭の週末も。

 

4日後、北海道を襲った胆振東部地震。
そしてブラックアウト。

 

幸いにも僕の住む地域は、
停電という被災ですんだ。

 

それだけだったので、
ランタンを灯し、
信号の少ない道路を通って
湧き水を汲みに行き、
ついでにキノコを狩って食材調達して、
ガソリンストーブでご飯を炊いた。

 

 

いつものガイド、
宿泊付き登山と変わらない、日常。

 

SNSでそんな状況を通して
安否を伝えたところ、

「貴方は大丈夫だと思った」

というねぎらいと励ましのコメントを
多々いただいた。

 

けれどアウトドアが防災に役立つって、
ランタンを持っているとか、
食料を調達できるとか、
ただ単に野営ができるっていうことでは
ないと思う。

 

不便な状況、不測の事態に、
今ある資源でどのように対応するか。
臨機応変に対応できることが
本当に役立つ力なのだろう。

 

電気がない、水がない、ガスが無い。
じゃあ代わりに…って。

 

だからといって、防災のためにと
みんながアウトドアの達人に
ならなければいけないわけではなくって。

「そういえばあの時!」

って経験があるだけで違うはず。

 

学校のキャンプ学習だっていいし、
庭先のBBQの炭おこしだっていい。

 

ちょっとした経験があるだけで、
いざという時の対応が
変わってくるはずだから。

 

だから僕のガイドツアーが、
楽しかった、
だけではない経験になってくれれば幸いだ。
(それを実感する機会は幸いではないね)

 


「野あそびガイドみちくさ」Web

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です