はじめましてのごあいさつ 2 ー HUMORABO(mu)

 

どうも、HUMORABOの
muこと前川雄一です。

 

こちらのコラムは、
HUMORABO( ユーモラボ )として
夫婦で交互に参加させていただきます。
前回は妻からのご挨拶でしたので、
改めましてのはじめまして。

 

僕は元来、

「 そもそも働くってなんだろう? 」

とか考えてしまうような
面倒くさい性格なもので、
いまだ自分が何者なのか、
それを職業でくくることに対しても、
いまだモヤモヤした気持ちを持ったまま
生きています。

 

( 今、気づきましたが )そんなもんだから
デザイナーなんて、

「 便利で曖昧なもの 」

を生業にしているのかもしれません。

 

とりあえず、
僕の「二足のわらじ」についての解釈は

「 常識と呼ばれるものにとらわれない
 ( 自分らしい )働き方 」

くらいの認識から書かせていただければと
思っています。

 

男女2名の夫婦で交互に書いていくことに
なりますので、
その思考の差異みたいなものも
楽しんでいただければと思います。

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

–−−–−−–−−–−−–−−–−−–−−–−−–−−–−−

トップの画像はHUMORABOのロゴマーク。
もともとHUMORA(ユーモラ)という、
障害のある方のアートを商品にしたり、
福祉施設で作られた商品を扱う
期間限定SHOPを
ディレクションするのがきっかけで、
僕らのデザインと福祉が出会いました。
HUMORAとは、HUMAN(人間)と
HUMOR(ユーモア)を合わせた造語。
そこから、2015年から夫婦で
HUMORABOとして活動を開始しました。
ラボはLABORATORYの略で、
本当はLAなんだけど、
そこはRAの方がかわいいんじゃないか?
RAでいっか! みたいな、
そんな寛容さも大切にしています。
(でもその寛容さの基準を巡って…)

 


「HUMORABO」Web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です