10.31の柿澤さんへ

 

 
 
書き順。

「そんなもんどうでもいいでしょー!」
 
と叫ぶ小・中学生。
それに対し講師としての私は…
 
「だよな!読めればいいよな!」
 
と同調しております。
柿澤さん、スミマセン…。
 
 
右左の書き順が違うとか。
これはもう、嫌がらせなんじゃないか?
とすら思っています。
 
 
しかし、わたしは大人なので、
彼らに「建前と本音」という観点から
この問題に対してのアプローチを
お伝えしておりまして、
 
別に覚える必要はないけどさ、
減点されるのは嫌でしょ? 
とりあえずテストに出るとこだけは
覚えましょうよ。
 
こんな感じで伝えると、
けっこう皆さん納得してくれます。
 
 
小学生に、そんないやらしい話を!
(いやらしい=やり方が堂々としていない)
 
なんて怒る人も大勢いるかと思いますが、
真っ正面からいくことで、
勉強を嫌いになっちゃう人って多くて。
 
 
それはとてももったいないことなので、
書き順なんかいいから、
まず勉強のおもしろさに
触れてもらいたいな、
と思うのです。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です