11.5の尾形さんへ

 

 
 
心の癖。
これは勉強するうえで、
もっとも気にかけなければ
ならないことだと思います。
 
 
考え方の癖、やり方の癖というのは
人それぞれ違うもの。
 
 
静かなところでは勉強できない!

なんてところから始まり、
風呂場が1番集中できる。
いやいや、学校の机の方が…。
 
分厚い、辞書みたいな
参考書を読むのが好き。
いや、薄っぺらくて
エッセンス詰まっているやつの方が…。
 
基礎から段々と積み上げる?
難しいことからやる?
 
などなど…。
 
 
で、何が正しいんですか?

と受験生の皆さんは思うかもしれません。
実際そういう質問はしょっちゅうです。
 

しかし!
これは人それぞれでいいと思っています。
風呂が好きならそこでやればいいし、
難しい参考書が好きならやればいい。
 
 
やる気が出る場所と、進めやすい方法を
自分なりに見つければ、
そのままやればいいし、
不安になったら、模試などの外部評価で
立ち位置を確認すればいい。
 
 
では、そのやり方をどうやって見つけるか。
これは、本を読んだり、
先生に聞いたりすることです。
ここで気をつけるべきは、
必ず意見の違う人、
複数人(冊)にあたること。
 
 
声の大きなひと(や塾)の
「〜しなさい」に
すぐ心を奪われる(洗脳とも言う)方が
いますが、
その意見は
当たっているかもしれないし、
間違っているかもしれません。
 
 
さて、clue zemiはというと、
私を含め10数人いる講師陣。
みんなてんでバラバラなことを
言っています。
でもそれぞれ、それで難関に
合格してきたわけですから。
 
 
そういうものです。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です