受け継いでいくもの。ー 藤本直紀

 

今年の4月から徳島の山あいにある
人口5400人の神山町に
家族で移り住みました。
静かで、空が広く、星が美しい場所です。

 

最近、神山で出会った
近所に住むおばあちゃんから、

大切にしていた足踏みミシンを
譲ってもらいました。

 

 

ここ最近は使用されていなかったため
動かなくなっていたのですが、

埃もサビもほとんどなく、
大切にされていた様子が感じられました。

 

いろんなところに何度も油を差して
ゆっくりと回しながら
メンテナンスしてあげると
少しずつ動くようになってきました。

革の紐を新しくして、糸調子を整えて終了。

 

このころのミシンは
プラスチックの部品が使われていないので、
こまめに油を差して日常的に使っていれば、
本当に長く使える。

 

これまで使っていたミシンも、
1950年代から作られている足踏みミシン。

末永く使っていけたらと思っています。

 


「KULUSKA」Web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です