農家の方々へ感謝を込めて ー 尾形弓子

 

毎週木曜日に、茅ヶ崎の
「リベンデル」という農園でヨガを
提供させていただいているのですが、
その後の恒例で、
ご近所の「あぶさん農園」さんへ
農作業のお手伝いに伺っています。

 

 

畔を作り、種を蒔き、草を抜きます。
お野菜の隙間に根をはる雑草を、
お野菜を傷めないように掻き分けながら
丁寧に抜いていきます。

 

無農薬で育つ、まだ若い、
小さなほうれん草や春菊、小松菜、レタス、
そのままちぎって食べさせていただくと、

信じられないほど柔らかく甘く、美味しい‼︎


皆さんは、取れ立てというか
ちぎりたてのお野菜を
食べたことがありますか?

肥料を与えずに手をかけたお野菜が
私達の身体にみなぎらせてくれる
エネルギー、栄養を
感じた事がありますか?

 

普段、私達は見た目やお得感の為に、
成長しすぎた、形が良いものばかりを
食していたことを知りました。

 

そして、こんな素晴らしい
一房の野菜が私達の口に入るまでに、
どれだけの工程を踏むと思いますか?

そう考えると¥100少々の金額で
取引されるお野菜の金額は
安すぎて泣けてきます。

 

もっと私達はこの価値に
気付くべきなのではないかなーと思います。

私達は何が幸せなのでしょう?
豊かな暮らしって何なのでしょう。

 

そんな事を考えたりもするけれど、
やはり今の私に出来る事は、
農家さんに感謝をし、
お手伝いさせていただき、
そして野菜を美味しく味わい、
地球に優しい生活を送る事だと思い、
また来週も足を運ぶのです。

 


yumisoneyo instagram

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です