12.18の土屋さんへ

 

12.18の土屋さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
 
 
なんと!
こういう解決策があるとは。

 
プレゼントをあげる上で、
1番難しいのは、たしかに

「あー、これもう持ってるかな」

って事で。
 
 
その解決策として、

「ダブりを気にしない」

これぞ、コペルニクス的転回。
(テストに出ます)
 
 
あ、こいつ俺のことわかってるな。
という感覚は、勉強を教える上でも
けっこう重要なものでして。
 
 
塾、予備校というと、
ややセンセーショナルなイメージがあり、
とくにこの時期になると、
藁をも掴みたい学生さん向けに、
派手めの講座が開かれています。
 
 
しかし、全く新しい視点、手法を伝えるより
彼らが、

「そうそう、それ」


と感じてもらえるような、
地味なやり方が、適してるのではないかと
ここ数年感じています。
 
 
そんな

「おまえ、わかってんじゃん」
 
的な講座に対して、
 
「目新しくないから受けない」
「わかっていることに時間は割けない」
 
という方もおりますが、
こういうギリギリの時期だからこそ、
もう一回、やってきたことを
一緒にじっくり振り返りませんか。
 
 
という、冬季講習が明日からスタート。
クリスマスどころではなく、
私はやや発狂気味です。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です