12.28タニムラさんへ

 

12.28タニムラさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
遊ぶ子供の声聞けば ” について。

 

ものを教えるときに、
いちばん大事にしていることは
相手を楽しませることです。

 

「笑いの絶えない塾」

というのがclue zemiのテーマなのですが、
塾に「緊迫感」や「厳しさ」、「苦しさ」
を求めて来られる方とのあいだに
埋めきれないギャップが生じます。
たまに。

 

そんなので受かるんですか!
人生かかってるんですよ!

と言いたそうな顔ですが、
勉強にしろ何にしろ、
「好きこそ物の上手なれ」が重要。
苦しんでやったって、
たいした効果は出ません。

 

「苦しみ」にも2つ種類がありまして、
外部から苦しめられてるのか、
自発的に苦しんでいるのか。

 

意味のない苦しみ、というのは前者。
後者は強敵が出てくるたびに

「オラ、ワクワクすっぞ!」

とニヤける悟空みたいなの。
ドラゴンボールを読んでもわかるように、
こういう人がいちばん強いです。

 

勉強をしながらワクワクする人を
増やすために必要なのは
「指導」ではなく「提案」です。

 

どう?
これおもしろくない?

と。

 

先日伺った、タニムラさんのイベント。
手芸をおもしろく捉えてもらうための
アイデアが満載で、
非常に勉強になりました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です