数から知る自分のこと ー 秋津眞未

 

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

 

年をまたいでしまいましたが、
先月の続きである

「数霊」でどんなことが分かるのか?

を今回も書いていきたいと思います。

 

私がやっている
「日本式数霊術」(やまと式かずたま術)
というのは、
その人自身も知らない人生での役割や
才能に気がつくヒントになるものです。


まずは、誕生日から。

 

よく、

「子どもは、
 お母さんを選んで生まれてくる」

って言いますよね?

 

お母さんを選び、その家系を選び、
自分が生まれてくる日を選んだ。
そこには、自分が

「どんな役割を宿題としたのか?」

を知るためのヒントが隠されています。

 

・なぜか親に頼られてしまう
・家にいると親とぶつかってしまうが、
 離れるとうまく行く
・人間関係のトラブルに巻き込まれやすい


その理由は、自分が選んだ宿題から
知ることができるのです。

 

私には弟がいるのですが、
弟との違いを誕生日から知ったことで、
今まで思っていた疑問が
スルッと理解することができました。

 

しかも、怪しい魔術を使うのではなく、
足し算ができれば、
知ることができるのです。
とってもロジカル。

 

続いては、名前。

 

名前は基本的には、ひらがな(一部漢字)を
数に変換していきます。

 

例えば

 あ=1
 お=2

という感じに。

 

その名前の数を足し算して、
ある法則で計算をすると出てくる数からは、
その人の個性を知ることができます。
こちらも計算すれば出てくるので、
これまたロジカルなわけです。

 

・大人数の前で話すことが得意/苦手
・常に確認しないと不安/現実を知りたい
・継続することが得意/変化する方が良い 
 など

というふうに自分を知っていくことが
できるのです。

 

そうすると、
なんで、あの子にできることが
自分にできないのかな?

と悩むことなく、自分と人との違いを
知ることができるのです。

 

最後に名前と誕生日を掛け合わせて
出てくるのは、

自分が自力で生きた方が結果が出るのか?
他力の方が結果が出るのか?

といった人生での判断基準など
様々なことが分かります。
こんなふうに自分を知ることで、
これから先のヒントになるのです。

 

大切なのは、自分を知ることで、
人との違いを知ること。
世の中に同じ人間はいません。
だから、みんなに価値がある。

 

それを知ると、
ちょっと楽になるんじゃないかな?
と思っています。

 


「はれま.」Web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です