木と餅 ー 土井サオリ

 

先日、会社の昼休みで
公園のベンチに座っていると、
「ガサガサーーー」っと
黒い影が木にくっついた。

 

隣で同僚が「きゃっ」という。
私はそっと「木」に近づく。
すると、興奮した黒猫が
枝を器用に飛び回っていた。

「降りれるかな〜」

同僚の心配をよそに
猛スピードで駆け下り急に立ち止まると、
草むらでひなたぼっこをはじめた、
木登り猫。


なんだかさいきん

よく「木」に触れる。

 

木箱や棚の木材をオーダーしたり、
古家具を引取ったり
しているせいでもあるけど、
「木」を想う時間が増えたのは、
引っ越してきてからだ。

 

今の家は木造だし
ログハウスみたいで気に入っている。

 

家から2分ほど歩くと
「広隆寺」というお寺があり
1月2日に訪れた際、
建築の神と言われている
聖徳太子に一年の安全を祈願する年頭儀式、
『釿始め』(チョウナハジメ)
が行われていた。

<一連の流れ>

大きな御木を運ぶ
   ↓
寸法を測る
   ↓
印をつける
   ↓
釿を下ろす
   ↓
カンナで削る

儀式が終わると、
お供え用のお餅が配られた。
みんな必死にお餅へ向かっていく

 

私は、のんきに

「急いでないのでどうぞ〜」


と、様子を見ていたら

「これが最後のお餅ですよ」

手の平に丸餅を置いてくれた。

 

後で知ったけど
100名限定のお餅だったようで
ギリギリセーフはなんだか嬉しい。

 

来年はわたしも
必死に取りにいくかも。(笑)

 


「ふるふる舎」Web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です