1.18の土井さんへ

 

1.18の土井さんのコラムについて。

 

聖徳太子が建築の神!

 

これは知らなかった〜。
たしかに世界最古の木造建築法隆寺を
建てたのは聖徳太子さんですから、
たしかに神。

 

法隆寺ができたのは1000年以上前で、
我々は教科書でみて

「ずいぶん昔に
 ヤバいものをつくったもんだ」

と思うわけですが、
では、今から1000年後の人は、
私たちのなにをみて

「ヤバい!」

と思うのでしょう。

 

…なかなか思いつきません。
iPhoneとかなのかな。

 

社会を教えていて、
歴史では悠久を感じるのに、
公民では小賢しさを感じてしまいます。

 

法律もコロコロ変わるし、
政党名に至っては
もう政治経済選択者は激怒で。

 

1000年後にまで残るもの。
私が気づかないだけなのか、
変化がありすぎて残るものがないのか。

 

どっちなのかしら、
と最近よく考えます。

 

 


2019年01月23日 | Posted in 余談Lab, 2足のわらじーズ | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です