2.1の柿澤さんへ

 

2.1の柿澤さんのコラムについて。

 

勉強が得意な人とそうでない人の差は?

 

これは物事を「抽象化」して
考えられるか否か、
ということに尽きると思います。

 

長年勉強を教えておりますが、
実は年々、抽象化力が
低下しているような気がして
少し心配になっております。

 

具体的に言いますと、
「たとえ」を理解する、
使う力が極端に低くなっていて。

 

なんとなく世の中が
細分化傾向にありますが、

これはこう、あれはあれ。
と、一対一で覚えて、その組み合わせを
たくさん持っている事がいいのか?

と言われると、そうでもない気がします。

 

抽象化ができれば、
いろいろな事を「応用」して
全然違うジャンルにも適用できたりするので
最終的に少ない知識で戦えます。

 

国語の知識が数学に応用でき、
ついでに理科にも…と。

 

必死にやってない風なのに、
サラッと高得点を取る人は
だいたいこういうアプローチです。

 

では、抽象的に考えるためには?
というと、「語彙力」と「経験値」です。
たくさんの言葉を知っていて、
たくさんの状況を体験していると、
抽象化が可能になります。

 

頭を軽くするために、
たくさんの言葉を覚える。
なんだか矛盾しているような話ですが…
たくさん本を読んで、たくさん遊べば、
結果的に第一志望合格は
グッと近づくと思いますよ。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です